スポンサーリンク

昨年トリプルスリーを達成した東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手。2年連続トリプルスリーを目指す今年は更なる数字の上積みが予想され、トリプルスリーどころか40-40まで視野に入ってきていますね。その山田哲人選手の成績を見ていきましょう。

関連記事:流行語大賞のトリプルスリー・ヤクルト山田哲人の彼女は??

入団からの各年度成績

それでは現在の野球選手の中で最も身体能力があるといわれている山田哲人選手のこれまでの1軍成績を見ていきたいと思います。数字は左から打率・打点・本塁打・盗塁となっています。

2011年 … 1軍出場なし

2012年 … .250 1打点 1本 0盗塁

2013年 … .283 26打点 3本 9盗塁

2014年 … .324 89打点 29本 15盗塁

2015年 … .328 100打点 38本 34盗塁

2016年はこれを書いている2016年9月25日現在での記録を書いておきます。

2016年 … .312 100打点 38本 30盗塁(9月24日現在)

これはほぼ2年連続トリプルスリーを達成したようなものとなっています。あとは打率が落ちなければ大丈夫でしょうから、最後の方は休むかもしれませんね。

昨年同じようにトリプルスリーを達成した柳田悠希選手は少し苦しんでいますので、山田哲人選手にかかる期待は大きいものがありますね。

スポンサーリンク

年俸推移について

そして注目の年俸推移を見ていきましょう。現在プロ入団6年目です。昨年の契約更改で今年の年俸が2億2000万円に跳ね上がりました。

yamada1

2011年 … 720万円

2012年 … 800万円

2013年 … 1000万円

2014年 … 2200万円

2015年 … 8000万円

2016年 … 2億2000万円

今年の活躍次第では年俸はどこまで上がるのか?3億円は確実でしょうからどこまで行くか楽しみではありますね。

関連記事:大谷翔平選手の年俸が凄いことに!!今後の年俸推移は?

将来のメジャー移籍は?

当然このような成績を残していくと、将来のメジャー移籍について噂になるのは仕方がないことです。というか東京ヤクルトがどこまで年俸を払えるかということにも関係してきますよね。

年俸ベースで5億円くらいまでなら払えるとは思うのですが、今年と同じような活躍をもう一年すればあっという間に5億円は行ってしまいそうです。

yamada3

つまり今年含めてあと3年すればメジャー移籍の可能性は高いと思いますね。2018年のオフ辺りが非常に濃厚なきがしますがどうでしょうか?

とはいえ、ケガをしてしまうとメジャー移籍がしにくくなるので、是非とも凄い成績を残し続けてほしいですね!プロ野球の未来を支える男として大谷翔平選手とともに頑張ってほしいものですね。

関連記事:大谷翔平選手の年俸が凄いことに!!今後の年俸推移は?

スポンサーリンク