スポンサーリンク

広島東洋カープの黒田博樹投手の去就が注目を集めていますね!そして2016年も現役で投げることが決まりました!その年俸はなんと6億円とのことです!!

「男気復帰!」などと言われて昨年復帰いたしましたが、彼のこれまでの年俸が凄い!と話題になっています!!

広島東洋カープ時代~入団からメジャー挑戦前まで

黒田博樹投手は大阪の上宮高校出身です。上宮高校といえば、元読売ジャイアンツの元木大介選手が有名ですが、今では黒田投手が一番の出世頭でしょうね!!

その時は控え投手だったらしいです!エースナンバーは違う選手が付けていたということが驚きですね!

その後関東の専修大学に入学し、1996年ドラフト2位で広島東洋カープに契約金は1億円、年俸1300万円で入団しました。

kuroda2

入団1年目の成績は、6勝9敗で年俸は微増の1800万円になりました。その後の成績は以下のようになります。

年・所属 成績 年俸
1997年(広島) 6勝9敗 1300万円
1998年(広島) 1勝4敗 1800万円
1999年(広島) 5勝8敗 1500万円
2000年(広島) 9勝6敗 2000万円
2001年(広島) 12勝8敗 3500万円
2002年(広島) 10勝10敗 7200万円
2003年(広島) 13勝9敗 9000万円
2004年(広島) 7勝9敗 1億2500万円
2005年(広島) 15勝12敗 1億1500万円
2006年(広島) 13勝6敗 2億円
2007年(広島) 12勝8敗 3億円
2008年(LAドジャース) 9勝10敗 740万ドル
2009年(LAドジャース) 8勝7敗 1240万ドル
2010年(LAドジャース) 11勝13敗 1540万ドル
2011年(LAドジャース) 13勝16敗 1200万ドル
2012年(NYヤンキース) 16勝11敗 1170万ドル
2013年(NYヤンキース) 11勝13敗 1500万ドル
2014年(NYヤンキース) 11勝9敗 1600万ドル
2015年(広島) 11勝8敗 4億円
2016年(広島) ?勝?敗 6億円
合計 193勝176敗 20億300万円・8990万ドル

来年の活躍次第では200勝も達成できそうですし、年俸も6億円になり史上3位タイとなりました!

関連記事:大谷翔平選手の年俸が凄いことに!!今後の年俸推移は?

スポンサーリンク

メジャーリーグへ挑戦~LAD→NYY

2007年オフにFA制度を行使してメジャーリーグの西海岸の名門、ロサンゼルス・ドジャースに入団しました。ドジャースでは負け数が多いもののきっちりとローテーションを守ったことが評価され、年俸はかなり上がりました。


kuroda3

そして2012年に東海岸の名門ニューヨーク・ヤンキースにFAで移籍し、ここでもローテーションを守り切ったことでニューヨークのファンの心を鷲掴みしたようです。

New York Yankees shortstop Derek Jeter, right, congratulates starting pitcher Hiroki Kuroda after Kuroda left the mound following the seventh inning against the Boston Red Sox in their baseball game at Yankee Stadium in New York, Wednesday, Oct. 3, 2012. (AP Photo/Kathy Willens)

写真はジーターでグータッチしています!!かっこいいですね!!

アメリカで稼いだ金額はとてつもない金額です!!イチローやマー君には及びませんが、約9000万ドルというのは今の為替相場で計算すると107億円を超えますよ!!7年で107億ですから年平均すると15億円を超えます!!宝くじ1等以上の金額です!!

2015年もアメリカで21億円のオファーあるも蹴って広島復帰!!

そして2014年オフにFAになり、MLBのチームから1800万ドル(約21億円)のオファーがあるも、年俸が約5分の1の広島東洋カープに男気復帰したことは記憶に新しいところですね!!

kuroda1

さあ、来年の現役続行も12月8日に決まりました!!そして12月17日に契約更改に臨み、球界史上3位タイとなる年俸6億円に!!

頑張れ黒田博樹!!

スポンサーリンク