スポンサーリンク

今年の上半期の競馬が終わりましたが、春シーズンで目立った騎手は武豊騎手と蛯名正義騎手の同期コンビですね。武豊騎手は主に海外競馬の話題で目立っていたような気がします。その武豊騎手の秋競馬の主なG1レースと米ブリーダーズカップの騎乗予定について書いてみます。

関連記事:武豊騎手の菊花賞全成績一覧!2016年はどの馬で挑むのか?

古馬王道路線は?

古馬王道路線は天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念ですね。この古馬の主要レースを最近武豊騎手はなかなか勝てていません。

しかし、今年はいい騎乗馬がそろいそうです。もちろん故障がなく無事に出走できればという前提条件がありますけどね(笑)

天皇賞・秋 … エイシンヒカリ(国内最終戦)

ジャパンカップ … キタサンブラック

有馬記念 … キタサンブラック

エイシンヒカリは天皇賞を使ったあと、香港国際カップに出走するようです。キタサンブラックは武豊騎手が乗れないであろう天皇賞・秋はパスしてジャパンカップと有馬記念の2戦に全力投球するようです。

菊花賞はエアスピネル?

春のクラシックシーズンの相棒はエアスピネルでした。皐月賞・ダービーともに4着と、先着されたディープインパクト産駒3頭にはかないませんでしたが、力は見せた形でしたね。

airspinell2

そのエアスピネルですが、菊花賞は血統的に長いような気がしますが、ディープインパクト産駒もまだ菊花賞を制していないように決して歓迎ではありません。となるとエアスピネルでの参戦が最も現実的でしょうか。

秋華賞は何に乗る?

牝馬路線に目を向けると、桜花賞ではレッドアヴァンセに騎乗しました。オークスの週はプリークネスステークスの騎乗の為騎乗できなかったのですが、もしレッドアヴァンセに騎乗していたとしても、それほどいい結果が出たとは思えません。

もちろんレッドアヴァンセも候補に入るでしょうけど面白い存在の馬がいます。エイシンヒカリの全妹エイシントゥインクルですね。まだ1勝馬の身でこんな大きいレースのことを言うのは時期尚早ですが、素質はかなりのものがあると思いますので、出走の権利をとれば面白い存在になることは間違いないところだと思います。

スポンサーリンク

朝日杯フューチュリティステークスを勝てるか?

昨年エアスピネルで挑んだG1の完全制覇ですが、もちろん今年も勝てば完全制覇になりますね。

朝日杯にはまだ当然ながらどの馬で、というのはなくて当然ですが、今年も騎乗馬はあると思いますので、こおnレースは今年も注目のレースとなります。

米ブリーダーズカップは?

そして米ブリーダーズカップに参戦を表明している馬が2頭います。ヌーヴォレコルトとコパノリッキーです。ヌーヴォレコルトはBCフィリー&メアターフ、そしてコパノリッキーはBCダートマイルかクラシックかで迷っているようです。

春には米三冠レースでラニとの挑戦が記憶に新しいですが、秋のBCも注目ですね!

スポンサーリンク