今、巷で噂というかちょっとした騒動になっている松居一代さん

 

最近のブログによると、今彼女はシンガポールに居るみたいですね。

 

そこで離婚裁判に向けての準備をしているとか。

 

彼女のブログによると「アジアNo.1の法律事務所 ラジャータン法律事務所」

 

そこのNo.1.女性弁護士をパートナーにしたそうです。

 

アジアNo.1の法律事務所のNo.1弁護士だから、事実上アジア最強になりますよね?

 

そんな弁護士さんに船越英一郎さんサイドは勝てるんでしょうか?

 

船越さんに付いている弁護士さんていったい誰?

 

いやあ、他人事ながら楽しくなってきましたね♪

 

今回はその辺をもう少し詳しく調べたいと思います。

 

スポンサーリンク

松居一代さんが契約したラジャータン法律事務所とは?

 

彼女が契約したラジャータン法律事務所とはどんな法律事務所なんでしょう?

 

常日頃、法律事務所にはお世話になった事もないし、ましてや世界の法律事務所なんてわかりません。

 

その辺はネットで探る事にしました。

 

結果、まずシンガポールにラジャータンという法律事務所はありませんでした。

 

代わりに「ラジャ・タン法律事務所」なるものを見つけました。

 

多分、この事務所で間違いなさそうです。

 

ラジャ・タン法律事務所のホームページを見るとRajah & Tannとなってました。

 

という事はラジャさんとタンさんが作った法律事務所って事でしょうか?

 

設立から60数年立っているってことなので、歴史ある事務所ってことはわかります。

 

弁護士人数もシンガポールに370名、その他東南アジア全域で600名以上いるそうで、弁護士の数でも東南アジア最大級の事務所みたいですね。

 

彼女はまたスゴイ事務所に依頼したもんですね。

 

きっと契約料もハンパな金額ではないでしょうね。

 

今までに売ったクッキンググッズやお掃除本のマージンがあれば、これくらい大したことないですが裁判が長引けば不利になりそうですね。

 

いや、100億くらいの資産持ってるらしいから大丈夫なのか!

 

それにしても松居一代さんの執念?はすごい!

 

ここまでくるとダダをこねて、お金で全てをねじ伏せようとしているドラ〇もんのス〇夫さんに見えます。

 

スポンサーリンク

ラジャータン法律事務所のNo.1.女性弁護士って誰?

 

ラジャータン(ラジャ・タン)法律事務所のNo.1.女性弁護士っていったい誰なんでしょう?

 

当法律事務所のホームページを調べていると一人の女性の名前がありました。

 

ジャパンデスクの日経企業支援業務に上野美代子さんと言う名が!!

 

この人なんでしょうか?

 

残念ながら上野美代子さんに関する情報はありませんでした。

 

でも、ジャパンデスクっていうのは日経企業が選出先での事業展開をスムーズにするためのお手伝いをしている部署だとか。

 

そんなチームが松居一代さんを相手にするでしょうか?

 

やっぱりお金の力?

 

それとも松居一代さんがブログでちらっと書いてるように、アメリカでの事業を進めるために契約した弁護士さんという事でしょうか?

 

そりゃ、そんな大きな法律事務所が夫婦の離婚訴訟に出てくるわけないですもんね。

 

じゃあ、船越さん、なんの関係もねぇじゃん。

 

いったい彼女はなぜブログの中で

奴の弁護士なんぞ
たかがしれてますよ (笑)

なんて言ったんでしょうね。

 

こうなったらただの「言いたがり男」さんですね。

 

こまったもんです。

 

でも、ラジャータン法律事務所が本当に弁護に回るなら船越さん勝てる?

 

でも、本当にこの法律事務所が弁護についたら、船越さんは勝てるんでしょうか?

 

今のところ船越さんサイドは弁護士については情報公開していませんが、そこのところどうなんでしょう?

 

ネット情報によると、

レイ法律事務所の佐藤大和弁護士

フラクタル法律事務所の田村勇人弁護士

クレスト法律事務所の伊東芳朗弁護士

の名前がありました。

 

どの方も芸能人や有名人の問題を専門に活躍されている弁護士さんだそうです。

 

この夫婦の離婚問題、これからも目が離せませんね。

 

スポンサーリンク