7月21日、とうとう船越事務所が松居一代さんに対して提訴しましたね。

 

くしくもこの日は船越英一郎さんの57回目の誕生日だとか。

 

ついに船越さんも動き始めましたか!

 

訴えの内容は、名誉棄損と業務妨害だそうです。

 

そりゃあ、あれだけ好き勝手にYouTubeに投稿されれば、もう黙ってみていられませんよね。

 

今後の芸能活動にも支障をきたします。

 

これに対抗するチーム・松居一代としては噂のブログに出てきたラジャータン法律事務所を投入するのでしょうか?

 

では、実際に彼女が払う弁護士費用はいかほど?

 

日本とシンガポールとでは弁護士費用に違いがあるの?

 

そのあたりをもう少し詳しく調べてみました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の弁護士費用は80万が相場?

 

まずは日本の弁護士費用について調べてみました。

 

離婚裁判を前提に調べた結果、弁護士を雇ってから結果を出すまでに必要な金額は約80万だそうです。

 

これくらい松居一代さんにとっては大した額ではなさそうですね。

 

一般人からすると8円くらいの感覚でしょうか?

 

じゃあ、その内訳ってどんなものがあるんでしょう?

 

1.相談料

離婚裁判を弁護士に依頼する前に、どうすればよいか助言をもらうための金額が相談料になります。

 

これはあくまで依頼前の相談という形なのでまだ弁護士さんと正式に契約したわけではありません。

 

この相談料、平均で5千円/30分が相場のようです。

 

松居さん、この時点で色々相談しそうですねぇ。

 

裁判に勝つための方法なども根掘り葉掘り聞きそうです。

 

延べ10時間くらい相談してそうなイメージがあります。

 

ま、それでも10万円ですから、彼女にしたら大したことないでしょう。

 

2.着手金

弁護士と正式に契約するときに必要なお金が着手金です。

 

「これからあなたの弁護のため動きますよ」って事でしょうか?

 

それが約40万だそうです。

 

3.裁判での基本報酬

裁判が全て終了した時点で弁護士さんに払うお金です。

 

これも約40万と言われています。

 

4.離婚成立による成功報酬

基本報酬のほか、裁判で依頼者(松居一代さん)が望んだ結果になった場合、弁護士さんに払うお金です。

 

相場では約20万と言われています。

 

5.親権獲得による成功報酬

離婚裁判の中で子供の親権を争っており、依頼者(松居一代さん)がその親権を獲得した場合に払うお金です。

 

これも相場で約20万と言われています。

 

6.慰謝料獲得による成功報酬

依頼者(松居一代さん)が望む財産分与額を獲得した場合に弁護士さんに払う金額です。

 

相場としては獲得金額の約20%だそうです。

 

7.養育費獲得による成功報酬

依頼者(松居一代さん)が望んだ養育費を獲得した場合に払う金額です。

 

一年間の養育費の約10%が相場になるそうです。

 

8.その他

裁判で他に得られた金額があれば、それに対しても弁護士費用が掛かります。

 

年金分割や婚姻費用などがこれに当たるそうで、10%が相場だそうです。

 

そのほか、裁判時に出向いてもらった証人や鑑定人の交通費、宿泊費、日当に換算した金額などが上で述べた金額に上乗せされます。

 

内訳をみると松居一代さんの場合は80万ではきかないような気がしますね。

 

特に、慰謝料なんかは一般人と芸能人とでは大きな差がありますから。

 

特にこの夫妻の総資産を考えると億はいかないまでも、それ相応の弁護士費用が発生することが考えられます。

 

日本とシンガポールとで弁護士費用に違いがある?

 

松居一代さんが契約したラジャータン法律事務所はシンガポールに本社があります。

 

では、日本とシンガポールとでは弁護士費用は違ってくるのでしょうか?

 

このあたりをもう少し調べてみました。

 

先に書いた通り日本の弁護士費用は着手金、成功報酬という計算方法を使っています。

 

これは日本の伝統らしいですね。

 

じゃあ、シンガポールの弁護士費用はというと、大きく二つに分かれ、時間給計算と定額があるそうです。

 

どうもシンガポールではイギリスの影響か成功報酬という形でお金を得る事を禁止しているそうです。英国の伝統文化って事でしょうか?

 

二つの報酬について、定額制は主に不動産の登記や特許申請、新会社設立など、一般の商事案件や登録関連業務の際に使われる計算方法らしいです。

 

という事は、今回の松居一代さんの場合、離婚裁判なので時間給計算となるんでしょうか?

 

時間給については各法律事務所によって差があるのですが、彼女が契約したラジャータン法律事務所はアジアNo.1の事務所らしいですね。

 

という事は弁護士費用も最上級って事になりますよね。

 

いったいいくらなんでしょう?

 

ラジャータン法律事務所について調べてみましたが、費用については詳しく載っていませんでした。

 

でも、時間給と言うくらいだから裁判が長引けば長引くほど、その経費は上がっていくわけじゃないですか?

 

いくら鍋売ったお金が沢山あるからと言っても、その内底をつきますよね。

 

この先、彼女はどう動くんでしょう?

 

おかしい事にならなければ良いのですか。

 

他人事ながらとても心配になってきました。

 

今後の動向に注目です。

 

しかし、何事も穏便に済ませる事が大事だと気付かされた今日この頃です。

 

スポンサーリンク